インフォメーション

新型コロナウイルス感染症対応

エントリー

2017年11月の記事は以下のとおりです。

11/30の給食

こんだて

 ・ごはん ・ほっけ塩焼き ・青菜と麩の炒り煮 ・納豆汁 ・牛乳

今日は「納豆汁」についてお話しします。

納豆汁は、古くから山形県に伝わる郷土料理です。

山菜やきのこなどたくさんの食材が入る栄養満点のみそ汁で、

体の芯から温めてくれます。

また、納豆汁には、大豆製品がいろいろ入っています。

いくつ入っているかわかりますか?

納豆、豆腐、油揚げ、みその4つです。

3年生の国語で勉強するように、大豆は、いろいろと姿を変えて、ずっと昔から

私たちの食生活に欠かせないものとして食べられています。

11/29の給食【地産地消ウィーク】

こんだて

~いい肉の日:山形さくらんぼ鶏給食~

 ・ジャンバラヤ ・山形さくらんぼ鶏のガーリックチキン ・白菜スープ ・牛乳

今日は、山形さくらんぼ鶏給食についてお話しします。

今日は「いい肉の日」です。

今年度も新庄市内の小中学校の子どもたちに食べてもらいたいと、

オールクリエーションさんから「さくらんぼ鶏」をご好意でいただきました。

「山形さくらんぼ鶏」は、自然豊かな塩野地区の契約農家さんが育てたにわとりで

新庄市福田の工場で食肉処理をしています。

山形県産の飼料用のお米に、県産のさくらんぼ果汁を加えたものを餌として食べて

いるそうです。やわらかくてジューシーなお肉です。

味わっていただきましょう。

11/28の給食【地産地消ウィーク】

こんだて

 ・米粉パン ・ハンバーグ ・海藻サラダ ・ポテトとコーンのクリームスープ

 ・牛乳

今日は海藻についてお話しします。

日本は周りが全部海なので、いろいろな海藻がとれます。

海藻サラダには、5種類の海藻が入っています。

わかめ、茎わかめ、こんぶ、アカツノマタ、シロスギノリです。

海藻類は、どれもミネラル、食物繊維が多く含まれるので、積極的に食べるように

しましょう。

11/27の給食【地産地消ウィーク】

こんだて

 ・ごはん ・コロッケ ・いそ和え ・キムチ汁 ・牛乳

今日のコロッケは、秋が旬のサトイモをたっぷり使ったコロッケです。

コロッケと言えば、ジャガイモで作ることが多いですが、今日は、サトイモと

ジャガイモを混ぜて作っています。

夏季が旬のサツマイモやカボチャのコロッケも美味しいですね。

11/24の給食~「だしで味わう和食の日」献立~

こんだて

 ・ごはん ・さばのみそ煮 ・和風サラダ ・すまし汁 ・牛乳

11月24日は、「和食の日」です。

和食文化を守り、伝えていくことの大切さについて考える日です。

日本には四季があり、それぞれに旬の食材があります。

その旬の食材とうまみ豊かな発酵食品、米飯などを組み合わせた和食は

世界に誇る日本の食文化です。

今日は、和食の基本である「だし」を味わう給食です。

すまし汁は、昆布とかつお節のだしを使って作りました。

「だし」のおいしさを味わいましょう。

11/22の給食【地産地消ウィーク】

こんだて

 ・ごはん ・佃煮 ・和風オムレツ ・じゃがいものきんぴら ・キャベツのみそ汁

 ・牛乳

今日のオムレツは、ひじきの炒り煮が入った「和風オムレツ」です。

ごはん給食にあわせて、和風オムレツにしました。

11/21の給食【地産地消ウィーク】

こんだて

 ・カレーうどん ・小さいコッペパン ・ショウロンポウ ・わかめ和え ・牛乳

今日は、うどんについてお話しします。

うどんは日本を代表する麺のひとつで、小麦の栽培が盛んな地域を中心に

郷土食として古くから日本全国で食べられてきました。

秋田県のいなにわうどん、香川県のさぬきうどん、山梨県のほうとうなどが有名です。

11/20の給食

こんだて

 ・ごはん ・ごま塩 ・白身魚チリソース ・そえ野菜 ・スープぎょうざ ・牛乳

今日は、ぎょうざについてお話しします。

中国でぎょうざと言えば多くの場合、水餃子のことを指します。

皮を厚めにして、茹で上げたものをたれにつけて食べる食べ方です。

皮も各家庭で作ります。日本のぎょうざとは違いがあるようです。

今日のスープぎょうざもスープ用のため、皮が厚めです。

11/17の給食

こんだて

 ・カレーライス ・野菜サラダ ・リンゴ ・牛乳

今日は、リンゴについてお話しします。

リンゴはいろんな種類があります。

皆さんはいくつ知っていますか?

ふじ、つがる、王林、ジョナゴールド、紅玉など、たくさんあります。

今日のリンゴは皮が黄色の「王林」です。

11/16の給食

こんだて

 ・おさかな丼 ・ごまあえ ・なめこ汁 ・プリン ・牛乳

今日は、なめこについてお話しします。

なめこは、一年中出回っていますが、天然のなめこは秋にとれます。

なめこの特徴であるヌルヌル成分には、粘膜を守ってくれる働きがあります。

また、ヌルヌル成分のおかげで、みそ汁もアツアツのまま食べることができます。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2017年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed